曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13

★テーマメロディは掲載していません。「コピー譜」のページに聴くことが出来るサイトのリンクを貼っています。

「シークレット・ラブ」その5
  SECRET LOVE

★渡辺貞夫のアドリブをコピーしました
  
1コーラスめを全て掲載しました。2007年3月21日。
  音源にリズムセクションを付けました。2007年3月22日。


★ポイント
 1、去年チャーリー・マリアーノとやったコンサートの演奏です。
 2、NHKで放送されたのを録画していたので、それをコピーしました。
 3、渡辺貞夫はB♭メジャーのキーで演奏していますが、Cメジャーに移調してあります。
 4、「その1」に書いたコードと違うコードでアドリブをしていると思われる部分があります。
   アドリブの音から、使っているコードを推測して書いてあります。小節番号111、112、118後半、127
   128です。
 5、小節番号122の3拍目の音「レ」はちょっと自信ありません。
 6、管楽器でアドリブをする場合の表現方法として、音程をはっきりさせなかったり音そのものをはっきりさ
  せなかったりすることがけっこうあります。時には音をはずしてしまったという場合もあります。
   アドリブのコピーをする場合、これらのことをよく考えてコピーをする必要がありますね。楽譜にする場
  合は、同じ音でも例えば「ド♯」で書くか「レ♭」で書くかといったこともよく考える必要がありますね。
   また、例えば「ド」と「ド♯」の間の音で演奏していて「ド♯」に近い、しかしコードやフレーズの流れから考
  えると「ド」を意図して演奏しているなどということもあります。
 7、これは、音程だけでなくリズムについても言えます。リズムを少しくずしている場合、そのもとのリズムを
  推測する必要があります。私がよく悩むのは、シンコペーションのリズムと三連符のリズムです。極端な
  場合、実際のアドリブは三連符のように聴こえるが、フレーズの流れから考えると楽譜ではシンコペーシ
  ョンで書いたほうが良いということもあります。


 8、小節番号134で色付けをした音は、アプローチノートです。最後にコードGの3rdに落ち着くこの音使い
   好きですね。

 9、小節番号139で色付けをした「シ」の音については、コードFなのになぜ「シ」の音なのだろうという疑問
  がわくかもしれませんね。Fメジャースケールにない音ですから。
   〇コピーのミスではありません。
   〇この小節の「F」は部分的な転調をしているキーの一度のコードです。この場合「シ」は♯11thのテン
    ションノートと同じ音なので、外した感じになりません。
   〇また、渡辺貞夫はこの「シ」の音を強調していません。拍の裏にもなっています。ほとんど消えるよう
    な感じです。つまり、テンションノートとしてこの音を使ってはいないです。
   〇ただし、「ド」から「シ」ではなく、「ド」から「ラ」に行くほうが自然です。
   
〇Fメジャースケールの中の音である「シ♭」にすると外した感じがします。アボイドノートですから。


ここをクリックすると再生音が聴けます。リズムセクションを付けました。
下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。