曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11

★練習は今のところ、3,9,8,4,5,7,6,10の順に難しくなっています。
★テーマメロディは掲載していません。

■「There Will Never Be Another You」その1

★曲の分析
  1、キー(調)・・・・・Cメジャー(コンサートキーではE♭メジャーです)
  2、部分的な転調(別の選択も可能です)
    
下の楽譜の33小節〜キーC、35小節〜キーAマイナー、37小節〜キーG、39小節〜キーF
    43小節キーC、44小節〜キーAマイナー、45小節〜キーG、47小節〜キーC
    49小節から59小節までは上の繰り返し、60小節キーEマイナー、61小節キーC
    62小節キーDマイナー、63小節からキーC

  3、ほとんどメジャーキーとマイナーキーの2−5−1進行でできています。2−5−1の1が次のキーの2
    になっている部分が多いです。
  4、キーにない(ノンダイアニック)コードは「B♭7」で、このコードのスケールはリディアンセブンススケー
    ルを使います。この場合、キーFメジャーの四度セブンスと考えると音が分かりやすい。

 
★ポイント
  1、コード進行は楽譜によっていろいろあるのですが、下の楽譜は初心者がアドリブがしやすいようにして
    あります。バッキングのコードが細かく動いている場合でも、コード進行を大きくとらえてアドリブをする
    ことができるということです。
  2、
キーにないセブンスコードにはミクソリディアンスケールではなく、リディアンセブンススケールを使うこ
    とがよくあります。
  3、部分的な転調は、上記以外のキー(スケール)を想定してアドリブをすることも可能です。その場合、
    ♯や♭を付ける音が少し違ってきます。この理由から、アドリブ譜を比べてみた場合に使う音が半音
    違っているということがあります。どちらが間違っているということではありません。
    同じ人の同じアドリブでも、コーラスによって使うスケールを変えているなどということもあります。

ここをクリックすると再生音が聴けますが、楽譜作成ソフト「フィナーレ」だけでの再生です。ファイルの容量を抑
えてあるので、音質はよくありません。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。