曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11

★練習は今のところ、3,9,8,4,5,7,6,10の順に難しくなっています。

■「There Will Never Be Another You」その2

★アドリブ練習の準備
  1、どの小節が何のキー(部分的な転調)なのかを確認します。下の楽譜に書いてあります。
  2、それぞれのコードがそのキーの何度のコードなのかを確認します。下の楽譜に書いてあります。
  3、このことによって、覚えた2−5−1フレーズをそのキーに当てはめて使うのがやりやすくなります。

 ★ポイント
  1、別の選択も可能ですが、アドリブ初心者がやりやすいようにしてあります。
  2、コードトーン(コードのルート、3rd、5th、7th)だけなら、キーが分からなくても、何度のコードかと言う
    のが分からなくても分かると思います。
  3、下の楽譜は、部分的な転調の調号を変えて書いてあります。この調号を意識すれば、コードのスケー
    ルを知らなくてもどの音に♯や♭を付ければ良いのかがほとんど分かります。
    
例えば「Gm7は2度マイナーセブンだからGのドリアンスケールを使う。このスケールはシの音に♭を
    付けないといけない」ということを考えなくてもアドリブができるということです。

    
この楽譜の書き方のアイデアは私のオリジナルです。
  4、最後の小節の後半にG7を加えてあります。これは、最初に戻る感じを出すようにするためです。


下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。