曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11

★練習は今のところ、3,9,8,4,5,7,6,10の順に難しくなっています。

■「There Will Never Be Another You」その3

★コードトーン+9thの練習
 
 ★ポイント
  1、m7(♭5)は9thがアボイドノートなので、7thまでの音にしてあります。
  2、マイナーキーのドミナントセブンスは♭9thを使います。例えば、4小節目のE7では「ファ」に♯が付き
    ません。下の楽譜に書いた調号を見れば分かります。
  3、ドミナントセブンスはルートと3rdの間が長3度の音程(全音2つ分)になるのですが、マイナーキーの
    場合3rdの音に注意が必要です。調号には示されませんから。例えば、4小節目のE7では「ソ」に♯
    を付けます。
  4、基礎練習のページでマイナーキーのスケールは3種類のうちまず「ハーモニックマイナースケール」を
    覚えると良いと書いていますが、2、3はこのスケールの音になっています。
  5、これらのことは、
理屈を知らなくても「基礎練習」の「コードトーンの練習」に示した練習をしておけば分
    かります。

ここをクリックすると、下の楽譜の再生音が聴けます。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。