曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11

★練習は今のところ、3,9,8,4,5,7,6,10の順に難しくなっています。

■「There Will Never Be Another You」その4

★コードトーン+9thの音だけを使ったアドリブ練習

  1、下の楽譜は、「その3」に示した音だけで書いたアドリブの例です。
  2、メジャースケールやマイナースケール、そしてそれぞれのコードに適用するスケールを知らなくてもこ
    のようなアドリブをすることはできます。

  
★ポイント
  1、ポイントは、アルペジオ(分散和音)だけでメロディラインを作らないで、なるべく旋律的になるようにす
    ることだと思います。
  2、「コードスケール」を練習したり、「ガイドトーン」や「ターゲットノート」などを考えたり、「フレーズ練習」
    に掲載しているようなフレーズを使ってみたりするとより旋律的なメロディラインが作りやすくなります。
    
下の楽譜は、それらを知らない場合はどうやればいいのかという例です。

ここをクリックすると、下の楽譜の再生音が聴けます。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。