曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11

★練習は今のところ、3,9,8,4,5,7,6,10の順に難しくなっています。

■「There Will Never Be Another You」その6

★アドリブの例

  1、「その5」に示したスケールを使ったアドリブを書いてみました。

  
★ポイント
  1、ジャズでよく使われるフレーズをたくさん使っています。
  2、
リディアンセブンススケールにはアボイドノートがありませんから、「シ♭・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ♭」のど
    の音を強調してもOKです。このスケールについてはこちらでも説明しています。
  3、スケールにない音も使っています。例えば、197小節目の「ソ♯」です。Am7なのになぜこの音を使う
    のかと思うかもしれません。この音はAmM7の音になるからコードに合わないのでは?と思うかもし
    れません。
(私は昔これがよく分からなくて悩みました)
    この「ソ♯」の音は次の「ラ」の音に半音下からアプローチする音と考えます。聴いた感じでも「ソ♯」と
    「シ」が下と上から「ラ」に向かっているというのが分かると思います。アプローチノートと言います。

ここをクリックすると、下の楽譜の再生音が聴けます。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。