曲のアドリブ練習メニューへ

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11

★練習は今のところ、3,9,8,4,5,7,6,10の順に難しくなっています。

■「There Will Never Be Another You」その9

★コードトーン(主に3rd・7th)の練習

  1、易しい練習ですが、これを練習すれば実際のアドリブもやりやすいと思います。

  
★ポイント
 
 1、コードトーンは、「その3」で確認してください。
  2、下の楽譜でコード進行の2−5−1部分はコードトーンの3rdと7thしか使っていません。
    ただし、2−5−(別のキーの)2−5となっている部分が多いです。
  3、下の楽譜の音(ガイドトーン)の間をスケールの音でつなげれば
   アドリブが簡単にできます。

  4、実際のアドリブでは、休符を入れたりリズムを変えたり、いろいろな音を試してみたりしながら気に入
    ったメロディラインが作れるといいですね。
    「枯葉」のページにガイドトーンを使ったアドリブの例を掲載しています。
  5、ガイドトーンの間の音をうめた楽譜を書いてみるといいです。また、カラオケに合わせて実際に演奏し
    ながらガイドトーンの間の音をうめる練習をするとより実践的かと思います。

ここをクリックすると、下の楽譜の再生音が聴けます。

下の楽譜はアルトサックス用のキー(inE♭)です。