home


■アドリブのための基礎練習

 ★その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13
   その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20 その21 その22 その23 その24 その25 その26
   その27 その28 その29 その30 その31 その32 その33 その34 その35 その36



  「UーX7−T フレーズの練習 その19 オルタードスケール  その1」  

  
ポイント
   1、オルタードスケール (今後オルタードのフレーズは下記の書き方をもとに書きます)

     「ア」・・・各スケールの中の音の音程関係は全て同じです。

     「イ」・・・「ア」の方法ではダブル♯やダブル♭が出てくるので、それらを使わない覚え方です。
           コードのルートの半音下のメジャースケールをもとにしています。
           3つの♭系各スケールの中の音の音程関係は同じです。C♯オルタードもほぼ同じです。
          
           例えば、C♯オルタードスケール・・・・C♯以外はCメジャースケールと同じ音。
           例えば、E♭オルタードスケール・・・・E♭以外はDメジャースケールと同じ音。

   ★オルタードスケールの覚え方は人によっていろいろですから、下記とは違う覚え方で覚えている人
    もいると思います。

   ★ネット上にある有料楽譜には、覚えにくい書き方や統一性のない書き方で書いてあるものがありま
    すから気をつけると良いですね。(同じスケールなのにページによって臨時記号の付け方が違うなど)