home


■アドリブのための基礎練習

 ★その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13
   その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20 その21 その22 その23 その24 その25 その26
   その27 その28 その29 その30 その31 その32 その33 その34 その35 その36



  「UーX7−T フレーズの練習 その23 コンディミ スケール  その1」  

  
ポイント
   1、コンディミ スケール = コンビネーション・オブ・ディミニッシュ スケール
     隣同士の音の間隔が次のようになっています。

      半音・全音・半音・全音・半音・全音・半音・全音  ・・・半音と全音が交互に並んでいます


   2、半音・全音の繰り返しであるため
調性感のない雰囲気になります。


   3、
下記ア・イ・ウ3つのコンディミ・スケールを覚えれば全てのキーで使えます。

     ★「D♭コンディミはC♯と同じなのでア」というように異名同音は読み替えてください。
     
 (赤線部分は下記のフレーズ練習で使っている部分)

    
注意・・・・この楽譜と違う音(異名同音)で覚えてもOKです。


   4、コンディミについては理論1718にも書いています。



 ★ここをクリックするとパソコンでの再生音が聴けます。

   ア・イ・ウで示した部分は、
上記のア・イ・ウ赤線と全く同じ音です。(異名同音も変えていません)

   各段の1小節目後半は、Um7ではなくX7を想定してコンディミのフレーズを始めています。
   各段の3小節目は、それぞれのキーに合った音で終わるようにしてあります。