home


■アドリブのための基礎練習

 ★その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13
   その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20 その21 その22 その23 その24 その25 その26
   その27 その28 その29 その30 その31 その32 その33 その34 その35 その36



  「UーX7−T フレーズの練習 その24 コンディミ スケール  その2」  

  ★雑誌にコンディミ・スケールを使ったフレーズが載っていたので、どんな音で出来ているの
   か調べてみました。
   
   引用 「JAZZ LIFE 2015年9月号」 4小節のフレーズ  下記小節番号107〜110

     1、このフレーズで使われているコンディミ・スケールを下に書きました。
 
     2、スケールとフレーズの関係が分かるように、番号を付けました。

     3、八分音符3つを一つの単位として、上に向かって規則的に移動させている。

     4、3のため、4拍子とのずれが生じて、独特の雰囲気を出している。






  
★ポイント
    1、上記のフレーズを12キーで使えるようにしてみました。

    2、
コンディミ・スケールは3つしか無い(それ以外は異名同音)ので、3つのフレーズを練習します。

    3、Um7ーX7=X7と考えて、2小節間のフレーズです。

    4、2小節目最後の音は、Tのコードの音にします。

    5、臨時記号は「その31」に書いたスケールと同じにしてあります。(別の覚え方でもOKです)








 ★ここをクリックするとパソコンでの再生音が聴けます

 ★下記のフレーズとは別に、全てドミナント・コードのルートの音から始める方法もありますが、
  覚えにくくなります。そのため、3つ覚えて12キーで使えるようにしてあります。(前のページも)