home


■アドリブのための基礎練習

 ★その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その13
   その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20 その21 その22 その23 その24 その25 その26
   その27 その28 その29 その30 その31 その32 その33 その34 その35 その36

  
「ガイド・トーンの練習 その3」  コードの3rd・5th・root・7thの順で練習

 
お勧めポイント
  1、下の2・5・1 12keyの楽譜は調号の♯♭を音符にも付けています。


  2、
ガイドトーンの使い方やコードトーンを覚えることができます。
 

 ●アドリブの例 「枯葉 前半 アルトサックス
 



  ●アドリブの例 「Fly Me To The Moon アルトサックス
   ほとんどのコードで3517の順でコードトーンを使っています。


 


 
●ガイドトーンの練習 コードトーンを覚えることにも役立ちます。

  2回目のトニックのコードの小節に「P」と書いた音があります。これは
経過音(パッシングノート)です。
  例えばコードCの時、「ミ レ ド」というメロディがあったら「レ」が経過音です。

  
(パッシングノート・・・パッシングトーンと言うプロの音楽家も多いですが、音楽辞書に合わせました)

  ここをクリックするとカラオケが聴けます。 ジェイミーの教則本Vol.3付属のCDでも合わせられます。