「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論1 初めに 「アドリブに必要な理論とは何か」

 ●ジャズの理論には大変多くの内容がありますが、アドリブに必要な理論は次のような内容です。
 
1、コードを見てコードトーンが分かる。
 2、コードを見てテンションノートとアボイドノートが分かる。又は想定できる。
 3、コードを見てそれが何のキーの何度のコードなのかが分かる。又は想定できる。


  ★1はコードの勉強をするだけで分かります。
  ★2は3を勉強すると分かります。
  ★1と2を合わせたものがコードのスケールということになります。
  ★「想定できる」というのは、いくつかの選択肢があるということが分かるということと、その中から選択すること
   ができるということです。



 ●ポイント
  1、理論書を読んだらそれでアドリブができるようになるということはないです。アドリブは理論よりスキルです。し
   かし、理論を勉強すれば「コード進行を見ても何をどうすればいいのかが分からない」という状況から「こんな練
   習をしてみよう」という状況に変えることができます。具体的には「アドリブのしかた」のページに書いているよう
   なことです。

  2、理論書にはアドリブに関係ない内容がたくさんありますから、何を勉強すればよいのかを選択して勉強するこ
   とがポイントです。作曲や編曲をするために必要な内容が多いです。

  3、理論を知らなくても、コードのスケールを示してある楽譜を練習すればアドリブはできます。
    例えば私のサイトでも「曲の練習」にコードトーンやスケールを書いています。

  4、理論を知っていれば、アドリブのコピーをするときに役に立ちます。また、市販のコピー譜集には間違った音
   で書いてある楽譜も多いですが、それを自分で修正することができます。同じ演奏のコピーでも出版社によっ
   てところどころ音が違っているということがよくあります。

  5、理論書や教則本にも異名同音の書き方など間違った書き方や効率の悪い練習方法が書いてあることがよ
   くありますから注意が必要です。値段の高い教則本でもそれが良い教則本であるとは限りません。




 ●その他
  1、有名なプロの演奏家にレッスンを受けてもアドリブができるようになるとは限りません。何年もレッスンを受け
   ている人でもアドリブができない人は結構います。その理由は。

   (1)反復練習をあまりしないのでフレーズが覚えられない。

   (2)コードではなくいつも楽譜に書いてある音符ばかり見て練習するので、コードを見ても音やフレーズが頭
     に浮かばない。

   (3)自分は今何を練習すればよいのかが分かっていない。

   (4)メジャースケールとマイナースケールを少ししか覚えていない。

   (5)カラオケに合わせたり、生のバンドと一緒に演奏するなどの実践練習をしていない。



  2、プロの演奏家のレッスンでも生徒に合った指導をしているとは限りません。具体的には。

   (1)何をどのように練習するようにという指導が生徒に合っていないことがある。簡単すぎる課題や難しすぎ
     る課題を与えたりすることがある。あるいは毎日5時間も練習するような人と週に数時間しか練習できない
     という人には違った課題を示した方がよいのですが、それをしない講師が多い。

   (2)理論的に説明できなかったり、間違った説明をする人もいる。
     理論を知らなくても毎日何時間も練習したり頻繁にバンドで演奏したりして、実際に演奏することを通して
     技術を身につけてプロになっている人も多いです。そういう講師は、アドリブのお手本を演奏して「こんな感
     じにやってください」と言うのですが、どうやったらそんな感じにできるのかの説明をしないので生徒はとま
     どいやすいです。