「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論3 「リディアン7とコード進行」


 1、リディアン7スケールを使ってアドリブをする例
   「It Could Happen To You」 下の楽譜 小節番号10(後半にも1回出てきます)
   「酒とバラの日々」 2小節目、18小節目のC7(inE♭) など



 2、コード進行との関係
   リディアン7スケールを使うのはどんなコード進行の時か
     ♭7度7thのコードで使います。
     4度7thの場合にも使います。


   下の楽譜の小節番号9・10・11を見ると「Dm7・B♭7(♯11)・C」となっています。このB♭7はどう考えれば
  いいのかと思ってしまいますね。こんな時、リディアン7スケールを使います。
   キーCだとB♭7が単独で使われているような場合です。
   下の楽譜にはB♭7(♯11)と書いていますが、これでリディアン7というのがすぐ分かるようになっています。
  「酒とバラの日々」のように(♯11)と書いてない楽譜もあります。
  



 3、アドリブフレーズ
  下の楽譜の29、30を覚えて、リズムを変えるなどして応用してください。
  その例は、
「It Could Happen To You」のコピー譜を参照してください。

  「酒とバラの日々」のフレーズにも別のフレーズを掲載しています。


 4、アドリブフレーズ発展
   リディアン7スケールと始まりの音が増4度上のオルタードスケールは同じ音からできています。
   下の楽譜小節番号22と26参照
   リディアン7スケールを使ったフレーズはよく分からないかと思いますが、オルタードスケールを使ったフレーズは
  教則本などでもよく出てきます
   したがって、オルタードスケールを使ったフレーズでアドリブすればOKです。
   キーCでコードがB♭7だったらEのオルタードスケール。キーDでコードがC7だったらF♯のオルタードスケール
  です。