「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論4 「楽譜によるコードの違い」


 1、楽譜によってコードが違うことがよくあります。
   
代理コード(コードは違うが機能は同じ)を使っている場合と、想定しているキーが違う場合と、間違っている場合があります。

 2、セブンスコードについての場合
   例えばA7(♭9)の場合、
(♭9)が付いてなくても間違いではありません。A7としか書いてなくてもマイナーキーであればA7(♭9)
   で演奏します。メジャーキーのA7なのか、あるいはマイナーキーのA7なのかを演奏者が判断する必要があります。

 3、代理コードの例
   「It Could Happen To You」にB♭7(アルトサックスの場合)が出てきますが、Fmで書いてある楽譜もあります。
   キーCメジャーの
B♭7はFmの代理コードで、機能はどちらもサブドミナントマイナーです。
   この場合のB♭7をドミナントと間違えないようにするのが重要です。このことは「酒とバラの日々」のアドリブ練習でも説明しています。
   

 4、下の楽譜は、想定しているキーが違う場合です。
  「It Could Happen To You」の5小節目〜8小節目
   @の楽譜は3小節間キーCメジャーで、右端はキーDマイナーのX7です。
     私がアドリブ練習で掲載しているのはこのコード進行を使っています。

   Aの楽譜は2小節間キーCメジャーで、次からキーDマイナーのUーX7になっています。

  この
Em7とEm7(♭5)は想定しているキーが違うので、アドリブをする時にその違いが分かっている必要があります。


 下の楽譜は、「It Could Happen To You」の5小節目〜8小節目(4小節間)です。