「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論5 「コードとスケールその1」

 ●曲のキーにないコードが使われていると、アドリブフレーズを作る時にどの音に♯や♭を付ければ
  良いのか迷ってしまいますね。それは、そのコードが何のキーの何度のコードを一時的に使ってい
  るのかというのを考えると分かります。これが「コードのスケール」ということです。

  「イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー」のアルトサックス用の楽譜で説明すると下記のようになります。
   曲のキーはCメジャーです。最初はC・A7・Dm7・B7・Em7・Cというように始まります。
   ★下の楽譜の1段目。

 ○何のキーの何度のコードなのかを見つける
   A7の次がDm7なので、A7はキーDマイナーのドミナントコードと想定します。
   B7の次はEm7なので、B7はキーEマイナーのドミナントコードと想定します。
   ★下の楽譜の2段目。

 ○スケールを見つける
   A7はAのハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケール
   B7はBのハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケール
   ★下の楽譜の3段目と4段目。

 ○ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケールの音
   ハーモニックマイナースケールを覚えれば、このスケールもすぐ覚えられます。
   3段目の楽譜の左側はDのハーモニックマイナースケールです。これを「ラ」から始めれば、3段目の
   右側Aのハーモニックマイナーパーフェクト5hビロウスケールになります。
   ★下の楽譜の3段目。
   4段目の楽譜の左側はEのハーモニックマイナースケールです。これを「シ」から始めれば、4段目の
   右側Bのハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケールになります。
   ★下の楽譜の4段目。

 ○コードトーンを覚えるとスケールも覚えやすい
   コードトーン+9thを覚えておけば、それ以外の音は2つです。
   ★下の楽譜の5段目と6段目。


 ●ポイント
  ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケールは、ハーモニックマイナースケールの始まりの
  音が違うだけです。したがって、ハーモニックマイナースケールを覚えればすぐ覚えられます。
  ハーモニックマイナースケールは「基礎練習」のページに掲載しています。このスケールの5番目の
  音から始めれば、ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケールになります。

○この楽譜の1・2段目の音符はメロディではありません。