「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論6 「コードとスケールその2」

 
スケールの基本はメジャースケールとマイナースケールです。

 ○例
  Cメジャースケールはドレミファソラシドです。
  キーCメジャーで使われるコード
に対応するスケールは次の通りです。
   C      イオニアン    =ドレミファソラシド
   Dm7    ドリアン     =レミファソラシドレ
   Em7    フリジアン    =ミファソラシドレミ
   F      リディアン    =ファソラシドレミファ
   G7     ミクソリディアン =ソラシドレミファソ
   Am7    エオリアン    =ラシドレミファソラ
   Bm7(♭5) ロクリアン    =シドレミファソラシ


  キーAマイナーで使われるコードに対応するスケールは次の通りです。
   Am    メロディックマイナー =ラシドレミファ♯ソ♯ラ
         ハーモニックマイナー =ラシドレミファソ♯ラ
   Bm7(♭5)ロクリアン      =シドレミファソラシ
   E7    ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ=ミファソ♯ラシドレミ



  このようにコードに対応するスケールのことを
アヴェイラブルノートスケールと言います。
  上記以外のスケールには、オルタード、リディアンセブンス、ディミニッシュスケールなどがあります。


 
○ポイント
  1、すべてのメジャースケールとハーモニックマイナースケールを覚えるとアドリブがやりやすくなります。
   すべて覚えるのが苦手な人は、とりあえず演奏しようとする曲に出てくるキー(一時的な転調も含めて)
   について覚えるといいです。

  2、下記の楽譜について
   メジャースケールとハーモニックマイナースケールをセットにして覚えられるようにしています。
   アドリブ練習に役立つように9thの音から下がる下降形も合わせて書いています。(すべての
   コードトーンが拍の表にくるようにしています)
   調号が1つずつ増えていくようになっています。左端に増える調号の音を書いています。
   
スケールの音は調号が書いてないことを想定して臨時記号を使って音を書いています。