「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論7 「コードとスケールその3」

 
★「枯葉」27小節目と28小節目のコードについて説明しています。
   「枯葉」のコード進行はこちらに掲載しています。アルトサックス用です。


 ○下記の楽譜はすべてこの曲の25小節目〜28小節目です。
  1段目 テーマのメロディ。
  2段目 Emだけの場合のアドリブ例。
  3段目 キーDの2−5+キーCの2−5というコード進行でのアドリブ例。
       
このコード進行がよく使われます。
  4段目 ベースの音が半音ずつ下がる。E♭7はA7の代理コード、D♭7はG7の代理コードと
       いうコード進行でのアドリブ例。
  5段目 コード進行が変わっても、Emの音でアドリブした例。これもOKです。
       6段目も同じ。

 ○5段目・6段目のようなコード進行の時にそれを意識しないでアドリブしても不自然な感じはし
  ません。
  例えば下記のページに掲載している楽譜で、Fのブルース(アルトサックスで)11小節目から
  D B7 Em7 A7というコード進行とアドリブメロディの音ですが、「レ」とコードのB7の音が
  ぶつかっても不自然な感じはしません。
  アドリブメロディの「レ」はコーラスの終わりで、バッキングのコードは
曲の最初に戻るためのコー
  
ド進行(ターンアラウンド)を演奏しています。
   Fのブルースの例

  上記のような場合でもそれぞれのコードに合った音づかいでアドリブするとかっこいいですが。