「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35
 

■理論8 「コードとスケールその4」

 
★コードトーンではない音でもOKの場合

 1、下の楽譜の1小節目
  Dm7のコードトーンは「レファラド」です。
  3拍目の「ミソシ」はEmの音ですが、このような音使いは不自然ではないですね。
  「ミソシ」は「レファラ」の音を平行移動させたために経過的にできたコードということになります。こ
  のコードはアドリブの時に意識しないでOKです。

 2、下の楽譜の2小節目
  最後に「レ♯」の音がありますが、次の「ミ」の音につながるアプローチノートなので不自然ではな
  いです。
  この「レ♯」は♯を取って「レ」で演奏してもOKです。その場合、「レ」はG7のコードトーンという
  とになります。


 ★1の例を実際のアドリブで聴いてみてください。
   下の楽譜とは違うコード進行で音も違います。
   「練習記録・その他」に以前掲載した私の下手な演奏です。
   最初から21秒ぐらい経過したところで、
平行移動のパターンを1小節半続けて吹いています。