「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35
  

■理論10 「コードとスケールその6」

 
★「I Got Rhythm」 アドリブ譜の説明
  引用 雑誌「サックス・アンド・ブラスマガジン」Vol.11 P34 
  雑誌に掲載されているアドリブ譜をフィナーレを使って書き直し、その中から4小節分を掲載しています。
  アドリブ譜についての解説は全く書いてないので、スケールなどがどうなっているのかを書いてみます。


 ●下の最初の楽譜はアドリブの最初4小節です。

 ●下の2番目の楽譜は、最初の楽譜のスケール、コードトーン、何度のコードかを書いています。1つの
  コードにつき2小節使って書いています。
 ●2番目の楽譜の下の方は、初心者の人が疑問に思いやすい音を取り出してみたものです。
  1、「レ♯」は「ミ」に半音下からつなげるアプローチノートです。
  2、「ド♯」は「レ」から「ド」に半音でつなげるパッシングノートです。
    「ラ♯」は次のコードの音「シ」に半音下からつなげるアプローチノートです。
  3、「ソ♯」からは次のコードE7の音づかい(先取り)になっています。
  4、E7はY7なので、スケールはハーモニックマイナー・パーフェクト5thビロウになっています。そのため
    「ファ」は♯をはずします。
    「シ♭」はコードトーンではないですし、スケールの音でもありません。次のコードの音「ラ」に向かって
    半音上からつなげるアプローチノートになっています。間に「ソ♯」を入れて上下からつなげています。
  5、「ミ♭」は♭9thの音です。メジャーキーのドミナントコードは9thと♭9thのどちらも使えます。
    「ラ♭」はアドリブ譜3小節目のE7のシ♭と同じ使い方です。E7とD7で同じパターンを繰り返していま
    す。

 
★追加(2009.8.24)
  上の4、5について、
アプローチノートではなくオルタードスケールを使った音づかいと考えることもできる
 と思ったので、このページの一番下に
EオルタードスケールDオルタードスケールを追加しました。
  オルタードスケールの音はどの音も強調してOKです。メジャーキーとマイナーキーのどちらのドミナントコ
 ードにもオルタードスケールが使えます。