「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論11 「コードとスケールその7」

 
★「I Got Rhythm」 アドリブ譜の説明
  引用 雑誌「サックス・アンド・ブラスマガジン」Vol.11 P34 
  雑誌に掲載されているアドリブ譜をフィナーレを使って書き直し、その中から8小節分を掲載しています。
  アドリブ譜についての解説は全く書いてないので、スケールなどがどうなっているのかを書いてみます。


 ●下の最初の楽譜はアドリブの最後8小節です。
   上の段の4小節目(シ♭の音)からは
コードに関係ない音づかいのアドリブになっています。コードトー
  ンやコードのスケールから音づかいを考えていないということです。(G7の小節のようにコードと一致する
  部分もありますが)
   Gメジャースケールのブルーノートを使ってブルースフィーリングを出しているアドリブになっています。
   
 ●
Gブルーススケールについて
   ブルーノートをどのように使えばよいのか、慣れないとなかなかうまくいきませんね。そこで、下の楽譜
  に書いたブルーススケールを覚えてそれを中心にアドリブをすればやりやすくなります。
   下のアドリブ譜もブルーススケール中心で、時々メジャースケールの音を入れているというように考える
  こともできます。

 
★ポイント
   ブルーススケールやペンタトニックスケールを使ってアドリブをする時は、コードのことは考えないでOK
  です。


 ★ブルーススケールを使ったフレーズの例はこちらのページに少し書いています。(キーがDですが)

 ★ブルースフィーリングのアドリブとコードによるアドリブが混在している例をこちらに掲載しています。