「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論13 「マック・ザ・ナイフのアドリブ分析その2」

 
★このページは「超絶アルト・サックス ザ・スコア」に掲載されている「マック・ザ・ナ
  イフ」の楽譜41小節目から最後までについて書いています。



  1、41小節目 Em7
    ・3拍めまでEメロディックマイナースケールを使っています。このスケールです。
 
    ・4拍目だけは別のコードであるAm7のコードトーンを使っています。
     キーEマイナーのTm−Wm−Tmを想定してアドリブしていると考えると分かりやすいです。

  2、44小節目 Bm7−E7
    ・1小節丸ごとAm7の音を使っています。(ソ♯はアプローチノートと考える)

  3、46小節目 D7
    ・Dオルタードスケールを使っています。
     この部分は私だったら、
「ソ♯」ではなく「ラ♭」、「ラ♯」ではなく「シ♭」で書きます。ただし、
     オルタードスケールをどのような音列で覚えたかによって(人によって)違うかと思います。
     

  4、47小節目 Bm7−E7
    ・2拍めまで前の小節で使ったDオルタードスケールを続けています。
    ・3拍目からBm7のコードトーンを使っています。E7は無視しています。

  5、52小節目
    ・私なら下記の右の音符(
ラ♭ではなくソ♯)で書きます。
 
    ・E7はE7(♭9)の音ですが、このコードでシ♭は意図的に使われています。

  6、54小節目 D7
    ・オルタードスケールを使っています。

  7、55小節目 G△7
    ・ミ♭・ド♯はレに上と下からつなげるアプローチノートです。

  8、57小節目 Em7
    ・ファ♯は9thのテンションノートです。

  9、59小節目 Am7
    ・レは11thのテンションノートです。

 10、60小節目 Bm7ーE7
    ・2拍めまではAm7の音です。Bm7は無視しています。
    ・ドはE7の13thのテンションノートです。(又は1小節まるごとAm7と考えることもできます)

 11、62小節目 D7
 
    
・3拍目まではD7とは関係ない音使いです。前の小節(Am7)前半の音形を半音上に平行
     移動させて独特な雰囲気を出しているもの。B♭m7のコードトーンです。

    ・4拍目はD7の音です。

 12、63・64小節目 コード進行はキーGメジャーのVm7−Y7ーUm7−X7
    
・コードとは関係なく音形を半音ずつ上昇させる形。
    ・私なら次のように書きます。
     
63小節目シ♭はラ♯、64小節目シ♭はラ♯、64小節目3拍目ミ♭はレ♯
    ・最後のミ・ミ♭はD7の音です。(9th・♭9th)

 13、72小節目 F♯m7(♭5)ーB7
    ・1小節全て
F7の音を使っています。もとのコードは無視しています。
     キーGメジャーでのF7の機能はサブドミナントマイナー

 14、73小節目 Em7
    ・ド♯は6thの音です。

 15、78小節目 D7
    ・3拍目の表まで前の小節のAm7を続けています。
    ・シ♭はGメジャースケールの
ブルーノートです。
    ・レ・ファ♯はD7の音です。
    ・4拍目の裏、ソの音でGに解決しています。

 16、79小節目 Bm7−E7
    ・
Gブルーススケールを使っています。書いてあるコードとは関係ない音使いです。
    ・この音使いについては「練習記録・その他」1月4日に説明しています。
    ・元の楽譜の30小節目にもGブルーススケールを使ったフレーズがあります。ただし、ド♯の音で
     書いてあるのでレ♭の音に変えた方が良いと考えます。(同じフレーズを違う音使いで覚えると
     頭が混乱するもとですから)

 17、83小節目 Am7
    ・私なら
ミ♭をレ♯の音で書きます。吹きやすさから言ってもミ・ミ♭・ミはやりにくいです。

 18、84小節目 Bm7ーE7
    ・1小節全てAm7の音を使っています。もとのコードは無視しています。

 19、86小節目 D7
    ・2拍目まではAm7の音、3拍目はAm7(♭5)の音、4拍目はD7の音を使っています。

 20、88小節目 F♯m7(♭5)ーB7
 
    ・
ラ♯・ラ・ラ♭と続くと非常にやりにくいので変えました。
    ・
ミ♭はコードトーンであるレ♯に変えました。
    ・このような細かい音使いは理屈抜きで「B7又はF#m7(♭5)ーB7で使える」ということで、その
     まま何回も練習して覚えると自分のアドリブに使えますね。
     (このフレーズには書いてあるコード以外のコードを想定した音使いも入っていますが)

 21、94小節目 D7
    ・D7をAm7−D7と想定している音使いです。

 22、95小節目 Bm7
    ・3拍目のファナチュラルはブルーノートです。Bm7ではなく、Bm7(♭5)を想定してやっていると見る
     こともできます。(その場合Bm7(♭5)の機能はキーGメジャーのトニック)
     ★追加 下記の1行を追加しました。
     Bm7(♭5)ーE7で、Amに向かうUm7(♭5)ーX7と考えることもできます。


 23、96小節目 E7
    ・シ♭は私の場合
シ♭ではなくラ♯の方が自然に感じられます。(私にはシに半音下からつながる
    アプローチノートに聴こえる。これは70小節目も同じです。やりやすい方でいいとは思いますが)     

 24、98小節目 D7
    ・3拍目表のソまでAm7、レ・ファ♯はD7、最後のソでGに半拍早く解決している。

 25、99小節目 G△7
    ・ラ♯・ミ・ドはコードトーンに下や上からつなげるアプローチノート。

 26、100小節目 G△7
    ・ラは9thのテンションノート。