「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論14 「マック・ザ・ナイフのアドリブ分析その3」

 
★このページはアドリブ練習をするための楽譜を掲載しています。

 
★YOUTUBEでソニー・ロリンズのマック・ザ・ナイフを聴くことができます。

  1、曲の構成について
    ・32小節でできています。
    ・
前半16小節と後半16小節は全く同じコード進行です。
     したがって、16小節のアドリブ練習をすれば1曲のアドリブができますね。
    ・本に掲載されている楽譜
      A・・・テーマメロディ、32小節
      B・・・アドリブ、32小節
      C・・・前半アドリブ、16小節
          後半テーマメロディ14小節とエンディング6小節

  2、下記の楽譜について
    ・1段4小節にしているので、曲の構成が分かりやすいと思います。
    ・
前半16小節にコードトーン+9th、後半16小節にスケールを書いています。
    ・私がアドリブの分析で書いているように、コードとアドリブの音がずれてもOKです。
    ・Gだと例えば次のような練習をするといいです。 (ファには♯が付きます)
     「ソシレファ・シレファラ」 「ラファレシ・ファレシソ」
     「ソシレファ・ラファレシソ」 「ラファレシ・ソシレファラ」
     「ソラシドレミファソ・ラソファミレドシラソ」 「ラソファミレドシラ・ソラシドレミファソラ」
   


    ・上記のスケールの他にも例えば次のスケールも使えます
      Gメジャーペンタトニックスケール  コード進行に関係なく使えます。
      Gブルーススケール          コード進行に関係なく使えます。
      Eメロディックマイナースケール   この曲のEm7のところで使えます。