「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論16 「イン・ア・センチメンタル・ムードのアドリブ分析その1」

 ○「超絶アルト・サックス ザ・スコア」の中の「IN A SENTIMENTAL MOOD」の楽譜について。


 ★このページは「イン・ア・センチメンタル・ムード」の楽譜を見て、「この音間違って
  いる?」
と思った部分について書いています。


 ○
楽譜と実際の音が違っている部分。
  1、小節番号12  3拍目のファーファにタイが抜けている。
  2、小節番号19  4拍目にF7が付いている。このコードは3拍目に付く。
  3、小節番号31  31小節目の最初にF#7があるが、F#m7の間違いのような気がします。
  4、小節番号36  4拍目後半のミ♭。正しくはミのナチュラル。
  5、小節番号57  3拍目後半ラ♭の次のソ♯。正しくはソのナチュラル。
  6、小節番号57  4拍目最後のレ♯。正しくはレのナチュラル。
  7、小節番号61  4拍目前半のミ♯。正しくはミのナチュラル。
  8、小節番号61  4拍目前半のラ。ラ♯のような気がします。
  9、小節番号69  2拍目最後のラ♯。正しくはラのナチュラル。
 10、小節番号83  最後のミ♭の次のドナチュラル。ド♯のような気がします。


 ○間違いではないが、一般的ではないという部分。
  1、小節番号について 曲の最初の不完全小節が小節番号「1」になっている。
                そのため、小節数がテーマメロディは33小節、アドリブ1コーラス目は32小
                節となってしまっていてちょっとややこしい。
                ちなみに、この本に掲載されている「マック・ザ・ナイフ」の最初の不完全小
                節には小節番号が付いていないです。

     
★不完全小節・・・拍数が足りない小節。普通、曲の始まりの不完全小節の次が1小節目。
                不完全小節で始まったら終わりも不完全小節にして、最初と最後を合わせ
                て拍数を拍子に合わせるのが普通。



 ○楽譜に書いてある音が間違っているというのは、この本に限らずときどき見かけることです。変だ
  なと思ったらよく確かめてみるといいですね。


 ○次のページからこの曲のアドリブ分析について書きます。