「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論17 「イン・ア・センチメンタル・ムードのアドリブ分析その2」

 ○「超絶アルト・サックス ザ・スコア」の中の「IN A SENTIMENTAL MOOD」の楽譜について。


 ★このページは「コンビネーション・オブ・ディミニッシュスケール」を使っ
  たフレーズについて書いています。


 
 ○
小節番号56を引用させていただきました。楽譜通りではなく少し変えてあります。
  1、4つの音からできている音形が平行移動していますから、旋律的ではなく機械的なフレーズに
    聴こえます。

  2、楽譜のコードはEm7ですが、次に出てくるA7を想定しているかと思います。

  3、使われている音を見てみると、Aコンビネーション・オブ・ディミニッシュスケール(コンディミ)を
    使っているような気がします。
   ★Aコンディミスケールは次のスケールと同じ音からできています。
     Cコンディミ=E♭コンディミ=F♯コンディミ=Aコンディミの各スケール
     C♯ディミニッシュ=Eディミニッシュ=Gディミニッシュ=B♭ディミニッシュの各スケール

 ○下の楽譜について(楽譜の丸1を1として書いています)
  1、小節番号56のフレーズです。調号とリズムを変えてあります。
    アの音形がイ・ウ・エ・オ・カと下に平行移動しているのが分かると思います。

  2、Aコンディミスケールです。一番下の楽譜に音を1つ異名同音に変えたものを書いています。

  3、Aコンディミスケールの音を小節番号56の最高音から下に向かって並べました。
    ア・イ・ウ・エ・オ・カがどのように平行移動したかが分かるようにしてあります。

  4、ア・イ・ウ・エ・オ・カのそれぞれの中の音を高い順に並べました。

  5、アで音形を作り、それをイ〜カに当てはめると1のフレーズができます。
    
音の組合せを変えれば自分でコンディミを使ったフレーズが作れると思います。

 ★このようなややこしいフレーズは練習して覚えてしまうのが一番ですが、理屈を知っていれば
  覚えやすいし、自分でも作りやすいかと思います。


 ・ここをクリックすると、丸1から丸5までを順番に再生させた音源が聴けます。