「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論18 「イン・ア・センチメンタル・ムードのアドリブ分析その3」

 ○「超絶アルト・サックス ザ・スコア」の中の「IN A SENTIMENTAL MOOD」の楽譜について。


 ★このページは「コンビネーション・オブ・ディミニッシュスケール」を使っ
  たフレーズ
その2です。

 
 ○
小節番号24を引用させていただきました。楽譜通りではなく少し変えてあります。
  1、コードはEm7ですが、A7を想定したフレーズになっています。

  2、元の楽譜の2拍目に「ラ・シ♭・レ♭・ミ」という音がありますが、私なら
「レ♭」ではなく「ド♯」
   書きます。なお、小節番号56の1拍目の同じ音使いではド♯が使われています。
   (下の楽譜にはこの部分の音符は書いていません)

 ○下の楽譜について(楽譜の○1を1として書いています)
  1、Aコンディミスケールの音です。(異名同音の違う音で覚える人もいます)

  2、小節番号24のフレーズです。(調号とリズムを変えてあります)

  3、Aコンディミスケールの音をラから下に向かって並べました。
    最初の4つの音の組合せがどのようになっているかを分かりやすくしてあります。

  4、最初の音形がABCというように
規則正しく平行移動しているのが分かると思います。





 ○小節番号29 4拍目 F♯7
  F♯7で上の楽譜のAコンディミスケールが使われています。(下記参照)

 ○小節番号40 後半 A7
  Aコンディミスケール
 ○小節番号57 A7
  Aコンディミスケール



 ○
覚え方の参考例
  C♯7、E7、G7、B♭7・・・・・・・Gコンディミスケール
  C7、E♭7、F♯7、A7・・・・・・・・Aコンディミスケール
  B7、D7、F7、A♭7・・・・・・・・・・Fコンディミスケール

  ★コンディミスケールは3種類覚えればOKです。他の構成音でできているコンディミスケールはあ
   りません。したがって、
3つ覚えれば全てのセブンスコードに当てはめて使えます。
  ★例えば、下の一番上の楽譜だと
     (1)GコンディミスケールにはG7、C♯7、E7、B♭7のコードトーンも含まれている。
     (2)Gコンディミスケールと他の3つのコードのコンディミスケールは同じ構成音からできている。
     (3)半音+全音+半音+全音+半音+全音+半音+全音という構成なのでキーを感じさせない。
     (4)したがってGコンディミスケールをC♯7・E7・B♭7で使っても合います。
     (5)多田さんのアドリブ譜のように、Um7−X7のUm7の時にも使えます。
  ★下に書いてあるコード以外のコードでは、例えばD♭7=C♯7というように読み変えて使います。