「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論19「イン・ア・センチメンタル・ムードのアドリブ分析その4」

 ○「超絶アルト・サックス ザ・スコア」の中の「IN A SENTIMENTAL MOOD」の楽譜について。

 ★このページはこのアドリブの分析を小節順に書いています。

 ○
引用 小節番号7、8
  1、コード進行
   ・F♯m7ーB7−Em7ーA7  キーDメジャーの3−6−2−5 になっています。
  2、スケールなど
   ・B7はEm7につながっていますからB7(♭9)、ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ
   スケールがよく使われます。
   ・A7も♭9と♭13のテンションノートが使われています。
   ・B7の
、Em7の、A7のラ♯と半音ずつ下がってくる形を作っていますね。
     私ならこの場合、A7のラ♯は、ラ♯ではなくシ♭で書きます。
     (ルートの音を半音上げるというアプローチ方法についてはすぐ下に書いてあります)




 ○引用 小節番号16、23
   
1、セブンスコードはルートの音を半音上げたディミニッシュコードに変えてもOK。
     ・小節番号16のラ♯・ド♯・ミは、A♯dimを想定すると分かりやすいです。
     ・小節番号23のファ♯・ラ・ド・ミ♭は、F♯dimを想定すると分かりやすいです。
     ・♭9を1オクターブ下げて異名同音に変えたのがルートを半音上げた音です。

 

   
2、本の楽譜、小節番号23の最後から4つ前のレ♯は、ミ♭の方が良いと考えます。  



 ○引用 小節番号17
  1、Fオルタードスケールを使った音使いになっているので、音を変えました。ラ・ラ♭・ソ♭・ファという
   音の流れを分かりやすくしてあります。
  2、オルタードスケールは人によって覚え方(異名同音)が違うので、どんな音で覚えるか考えてみ
   るといいですね。
    理論書や教則本を見ると、同じオルタードスケールの説明でも♯や♭の付け方が違っていること
   がよくあります。(このスケールをややこしく感じる原因)
    一冊の本の中に同じフレーズが書かれている場合でも、場所によって♯や♭の付け方が違ってい
   ることがよくあります。(フレーズが覚えにくい原因)

 
   
★スケールをこのような書き方(全音符を下から順に8つ並べた書き方ではない)にしているのは、
    練習しやすくするためです。(他のページも同じです)


 ○
小節番号19 4拍目のファ♯、私ならソ♭で書きます。


 ○小節番号20 2拍目シ♯などについて「練習記録・その他」に書いてあります。


 ○小節番号21 3拍目のファ♯とソ♯、私ならソ♭とラ♭で書きます。(オルタードスケール)


 ○小節番号26,27,28 コード進行 
  
G♯m7(♭5)ーG7 −F♯7−F7−Em  書いてあるコード
  
G♯m7(♭5)ーC♯7−F♯7−B7−Em
    このドミナントモーションの連続を代理コードに変えたのが楽譜に書いてあるような半音ずつ下降
    するセブンスコードですね。
  
★ドミナントセブンスの代理コード、覚え方の例
    「G7−C」 → 「D♭7−C」 G7の代理コードはD♭7と覚えておいて応用させるといいですね。


 ○小節番号28 この場合ミ♭はメジャーセブンスの音なので、レ♯の方が分かりやすいですね。


 ○小節番号31
  ミ♭はB7のコードトーンであるレ♯の方が分かりやすいですね。
  多田さんの演奏ではファ♯とファの後にシの音を微かに入れて雰囲気を作っていますね。




 ○
小節番号37
   3拍目のシ♯はC♯m7(♭5)のド♯へ半音下からつなげるアプローチノートです。
   4拍目のラからF♯オルタードスケールを使っているので、ラに♯が付いていません。
   シ♭はラ♯に変えました。(F♯オルタードスケールをどんな音で覚えるかによりますが、私は他のオル
  タードスケールと音どうしの関係の規則性を同じにしているのでこうします)
 


 ○小節番号38 4拍目の高いソ♯までBメロディックマイナースケールを使っています。


 ○小節番号41 後半はコードに関係ない音ですね。ペンタトニックスケールです。


 ○小節番号45 4拍目のミ♯はファ♯に半音下からつなげるアプローチノート。
             4拍目のレは♭13。最後のシ♭はラ♯で書かないとコードのイメージがつかめない。


 ○小節番号49 2拍目「ミ♭・ミ・ミ♭」私なら最初のミ♭(又は両方)はレ♯で書きます。
             
(ちなみに、小節番号30の最後は「レ♯・ミ・レ♯」で書いてあります。スケールは違
              いますが同じ「ド♯・レ・レ♯・ミ・レ♯・レ」の六連符という音使いです)

             4拍目はF7の13thと9thの音が入っていますが、Dm7+11thを想定しているのか?
             私にはよく分かりません。


 小節番号51 3・4拍目F7のド♯は私ならレ♭で書きます。(♭13のテンションノート)


 小節番号52 3拍目G7のソ♯は♭9なので、ラ♭で書いた方が良いと考えます。


 小節番号53 私なら3拍目F7の「シ♭・ラ♭・ラ」は「シ♭・ソ♯・ラ」で、4拍目F7のド♯は
            レ♭で書きます。



 小節番号55 F7の中で、F7ーB♭ーCm−F7とコードが変化したと想定するとこういう音使いがで
            きるのではないかと思います。
            
★バッキングのコードが変わらなくてもアドリブする人がコードの変化を想定しながらア
             ドリブすることもOKです。



 小節番号57 私なら3拍目最後のファはミ♯で書きます。(アプローチノート)


 小節番号59 私なら最後のラ♭はソ♯で書きます。(アプローチノート)


 小節番号60 私なら最後のミ♭はレ♯で書きます。(メジャーセブンスのコードトーン)


 小節番号61 私なら3拍目最後のドはシ♯で書きます。(アプローチノート)


 小節番号63 私なら3拍目ミ♭はレ♯で書きます。(コードトーン)


 小節番号68 Dm7でシとミに♭が付くのは、この部分のキーがB♭メジャーだからです。


 小節番号69 1拍目にラ♯がありますが、ここはシ♭で書いた方が良いと考えます。この
            部分はキーB♭メジャーのUm7ですから。
            3拍目のド♯は、私ならレ♭で書きます。


 ○小節番号77 この部分はBマイナーペンタトニック+ブルーノートと考えることもできます
            ね。Bマイナーペンタトニックスケール=シ・レ・ミ・ファ♯・ラ・シ


 小節番号81〜 カデンツ
            この部分にコードは書いてないですが、A7、D、Gなどのコード進行を想定
            しながら吹いているように思います。



 ○よく使っている音使い
   m7コードの時にメロディックマイナースケールの5番目の音で拍の裏から始めるフレーズをよく使
  っていますね。「イン・ア・センチメンタル・ムード」で3回、「マック・ザ・ナイフ」で1回で合計4回です。
  下の楽譜の上に書いたフレーズです。(リズムは変えてあります)

 ○トニックの代理コード
   小節番号26にG♯m7(♭5)が出てきますが、このG♯m7(♭5)は曲の最初に出てくるBmの代理
  コードですね。下の楽譜の下。





 ★書いているときりがないので以上でこの曲のアドリブ分析は終わりにします。