「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論34 理論35


■理論20 「ジェイミー(教則本)を使った練習」

 ○「Jamey V.16」 EXERCISE No.4 の練習方法について。
 
★次の説明が書いてあります。
中/上級 2-5-1の練習。Vol.3よりハイレベル。
VOLUME 16 - "TURNAROUNDS, CYCLES, & ii/V7s"

 ★このページはエクササイズNo.4のアドリブ練習について書いています。
   ターンアラウンドNo.4(付属CDのカラオケも)は12キーの練習で、これはその準備練習になって
  います。inCのページやinB♭のページなどを参考にして12キーで準備練習をしたり、12キーでのコ
  ードトーン練習をしてからでないとカラオケに合わせてアドリブするのは難しいかと思います。

  ★私は数年前にこのJamey V.16のレッスンを受けましたが、コード進行やコードに対応するス
   ケールなどの説明はあまりありませんでした。
   この教則本に書いてある「B7+9」や「G7♭9」も何のことかさっぱり分かりませんでした。
   
「理論は自分で勉強する、レッスンでは実践でアドリブの方法を身につける」という実践練習中心
   のレッスン
でしたので、下に書いたスケールも当時はよく分かっていないでアドリブをしています。
    逆に、理論書をいくら勉強しても素人には分からないと思われるような超専門的な理論について
   はよく教えていただきました。当時の私には専門的すぎてよく分からなかったのですが・・・。
   講師の先生の演奏はとても好きで、CDも持っています。たくさんのことを学ばせていただき、たい
   へん感謝しています。


 ○コード進行   F♯m7(♭5)  B7+9  Em  A7+9  Dm  G7♭9  C
  ドミナントセブンスコードの部分は次のスケールを使うとやりやすいかと思います。
    B7 ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケール、オルタードスケール
    A7 ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケール、オルタードスケール
    G7 ミクソリディアンスケール、オルタードスケール

  ★なお、この本には次のように説明してありますが、気にしなくていいように思います。
     X7+9  diminished whole tone scale C7+9は、ド・レ♭・レ♯・ミ・ファ♯・ソ♯・シ♭・ド
     X7♭9  diminished scale         C7♭9は、ド・レ♭・レ♯・ミ・ファ♯・ソ・ラ・シ♭・ド
  ♯や♭の付け方については、この本のアドリブ譜でも異名同音の違う音で書いてあることがあります。
  
★この本にはこのエクササイズのアドリブ例が10書いてあります。


 ○、下の楽譜について
  1、1段目にコードトーン(♭9th、9thも書いています)、2段目にスケールを書きました。私が書いた
   スケールと違うスケールを使ってもOKのところがあります。
    ドミナントセブンスのコードには、オルタードスケールを書いていますが、このスケールを使おう
   とする場合に分かりやすくするためです。
ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウやミクソリ
   ディアンスケールでのアドリブができるようになってから練習
する方がよいかと思います。

  2、アドリブの譜面は、講師の先生と私が交互にアドリブしたのを今日コピーしてみたものです。
   当時は分からなかったのですが、今聴いてみると「講師の先生は13thのテンションノートを使っ
   ている」とか「オルタードスケールを使っている」というのが分かります。
   「当時それが分かっていればもっとうまくできたのだがなあ」という思いがあります。
   私のアドリブは手探りで「こんなかんじでいいのかなあ?」と思いながら吹いています。
初心者の
   アドリブ例として掲載します。


  ★ここをクリックすると下の楽譜を再生させた音源が聴けます。
   (ファイルサイズを抑えているので音は悪いです)
 


 ○上の楽譜の最初のアドリブを別のキーに移調すると下の楽譜のようになります。(調号3つまでです)