「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論21 「ビバップ・スケール」

 Bebop Scale ビバップ・スケール
  ・ビバップスケールにはいくつか種類がありますが、このページではドミナントセブンスコードで使う
  ビバップスケール
ビバップ・ドミナント・スケールについて説明します。
  ・音は簡単で、G7で使うとしたらGのミクソリディアンスケールにファ♯を加えるだけです。
   
「ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ファ♯・ソ」 「ソ・ファ♯・ファ・ミ・レ・ド・シ・ラ・ソ」

  ★ポイント
  1、よく使われる音使いなので、このスケールを知らない人でもアドリブで自然に使っていると思いま
   す。いろいろなドミナントセブンスコードで練習しておくとアドリブに役に立つかと思います。
  2、このスケールを使うと、コードトーンを拍の表に持ってきやすいのでアドリブがやりやすくなります。
  3、例えば、コードG7の時に普通のスケールで「ソ・ファ・ミ・レ・ド・シ・ラ・ソ」と八分音符で降りてくる
   と、「ド」と「ラ」が拍の表になってしまいますが、ビバップ・スケールを使うと全てのコードトーンが拍
   の表になります。それで心理的にもアドリブがやりやすくなるのではないかと思います。
     ミクソリディアンスケールだと拍の表が「ソ・ミ・ド・ラ」となります。
     ビバップ・ドミナント・スケールだと拍の表が「ソ・ファ・レ・シ」となります。

  ・下の楽譜は下降形だけ書きましたが、YOUTUBEにもいろいろ掲載されていますね。

  ★フレーズの例1について
   普通音が下がってくる時の臨時記号は♭を使いますが、慣例でソ♭ではなくファ♯で書いています。
  このスケールに限ったことではありません。クラシックの楽譜でも同じです。
   ビバップ・スケールで考えない場合、「ソ」はDm7の11th(テンションノート)と考えてアドリブするこ
  ともできます。