「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論22 「フレーズを覚える」

 チャーリー・パーカー(アルト・サックス)
  ・チャーリー・パーカーの演奏をコピーして真似しようとしても、音がややこしかったり楽器の指使いが
   難しかったりしますね。そういう時は例えば、下記のような練習をすると自分のアドリブに役立つの
   ではないかと思います。

  1、演奏を聴いて特に気に入った部分(数小節)だけをコピーする。
    コード進行の分かっている曲をコピーするといいですね。

  2、コピーしたフレーズのリズムや音程を少し変える。
    コードや使っているスケールなどをもとにして、覚えやすいフレーズにする。

  3、変えたフレーズをカラオケに合わせて練習する。
    コード進行だけを書いた楽譜を作って、音符を見ないで出来るようにするのがポイントです。
    カラオケは「バンド・イン・ア・ボックス」などで作れます。
   ★練習を繰り返せば曲のアドリブの時にコードを見ただけでそのフレーズが吹けるようになると思
    います。


 チャーリー・パーカー/ジャズ・アット・マッセイ・ホール

●下の楽譜は、このCDに入っているチャーリー・パーカーのアドリブ
 を4小節だけコピーしてキーを変えたものです。

  ●下の楽譜について
   ・「オール・ザ・シングス・ユー・アー」のアドリブの一部分です。2−5−1フレーズになっています。
   ・アルトサックスでのキーはFメジャーです。それをキーCメジャーに移調しました。
   ・
2段目に書いたのは、コピーしたフレーズを覚えやすいように変えてみたものです。
    フレーズの練習をする時は、4小節目のコードは無視してください。
   ・4小節フレーズではなく、コード「C」の1小節だけを12キーで練習するというのもいいですね。


   ★ここをクリックすると楽譜を再生させた音が聴けます。
(バックの音を変えました)




  ●私が少し変えたフレーズをそのまま「枯葉」で使う場合は下の楽譜のようになります。