「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論23 「覚えたフレーズを全てのコードでできるようにする」

  ★フレーズを12キーで練習する時に、このページに書いたような楽譜や説明を最初から全て頭の
   中で考えて(全く楽譜にしないで)できるといいです。慣れてくれば、少しずつできるようになると思
   います。「基礎練習」をよくやっている人はすぐ慣れると思います。


 フレーズを12キーで練習する (例・理論22に書いたフレーズ)

  1、フレーズに使われている音とコードの関係を調べます。下の楽譜の1・2です。


  2、予備練習として、コードトーンやスケールをコードに合わせて練習します。上の楽譜の3・4です。

  3、それぞれのキーで予備練習を行ってから、フレーズの練習を行うとやりやすいです。
    その時に上の楽譜1に書いたことを意識するとやりやすいです。

  4、カラオケに合わせて12キーでできるようにします。

○下の楽譜は左の教則本に付属している
 カラオケに合わせて練習できるようにして
 あります。(各段を2回ずつ吹きます)

★ジェイミーの教則本には調号が付いてな
 いですが、下の楽譜には調号を付けてあ
 りますから、キーとコードの関係も分かり
 やすいかと思います。

★アマゾンの方が安い時があります。

 ★アルトサックス以外の楽器でジェイミーのカラオケCDを使って練習する場合は、下の楽譜のキーの
 順番を並び替えれば合います。