「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論26 「コードとアドリブの音」

 「Um7−X7−T」→「Um7−Um7−T」
   例えばキーCメジャーの場合で言うと、「Dm7−G7−C」のコード進行で「Dm7−Dm7−C」
  と考えてアドリブすることもできます。

  ★下の楽譜はyoutubeに掲載されているチャーリー・パーカーのアドリブ、「My Little Suede
   Shoes」の一部です。(楽譜はyoutubeに掲載されていません。オムニブックにはあります)
 

  ◎この例のようにG7に入っても前のDm7のままの音使いで続けるのもOKです。なお、終わる
   感じを出したい時にはG7はG7の音使いをした方が良いですが。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 コードトーンとスケール
  ★下の楽譜上段も、youtubeに掲載されているチャーリー・パーカーのアドリブ、「My Little
   Suede Shoes」の一部です。
   下段にアドリブの音使いの元になっているものを書きました。Dm7はコードトーン+テンション
   ノート、G7はGオルタードスケールを書いています。
  ★1小節目最後の音はオムニブックでは「ソ♭」で書いてありますが、私が書いた下の楽譜のよ
   うに「ファ♯」で書いた方がよいかと思います。この音は次の「ソ」につなげるアプローチノートで
   すから。



  ★このフレーズは2−5−1やオルタードスケールを使うための練習になりますからいろいろなキー
   で練習しておくといいですね。
   12キーの練習が苦手と言う人は、今自分が取り組んでいる曲に当てはめて覚えるのがいいかも
   しれません。