「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論27 「フレーズを覚える」

 ★下の方の文章に間違いがあったので訂正しました。

 「Um7−X7−T」 フレーズをコピーして覚える


 ★私がコピーした楽譜は「四月の思い出」のページにあります。

 ○2−5−1フレーズを抜き出して加工する。
  ★キーCメジャーに変える。
  ★音やリズムを必要に応じて変える。
  ★下の楽譜の最後2つのフレーズは自分がこの形で覚えようと思って加工したものです。

  ■ここをクリックすると下の楽譜を再生した音が聴けます。



  ○フレーズについての説明を書いておきます。
    
★訂正 下の1の文で「G7で・・・」と書いていましたが、「C」の間違いなので訂正しました。
         失礼しました。

   1、キーCメジャーの
Dm7で(ラ・ドミソ・ミファ・ラド)Cで(ソ・ラシレ・シド・ミソ)(ソ・ラシレ・ドレ・ミソ)
    という音使いはジャズのアドリブで特によく使われるものです。上の動画でも何回も出てきますね。

   2、小節番号順に
     2小節目、1拍目はDm7の音使いです。2拍目からGオルタードスケール使用。
     6小節目、1拍目の「ミ」は13thのテンションノート。ミクソリディアンスケール使用。
    10小節目、オルタードスケール使用。
    14小節目、オルタードスケール使用。
    17小節目、「ド♯」と次の「ミ」は「レ」につなげるアプローチノート。
    18小節目、G7をDm7−G7に分割した音使い。G7はオルタードスケール使用。
    19小節目、18小節目のG7が1拍目までずれ込んでいる。2拍目からCの音使い。
    22小節目、「ラ」「ミ」はG7のテンションノートなので強調してもOK。
    23小節目、「ファ♯」はCの♯11thなので強調してもOK。使い方は難しいですが。
    30小節目、3拍目までDm7の音使い。4拍目はG7。
    31小節目、前半は30小節目のG7がずれ込んでいる。
    36小節目、Dm7−GをまとめてGとした音使い。「ソ」はDm7の11thでもあります。
    45小節目、「レ・ラ・ド・ラ♯」「シ」もアドリブでよく使われる音使い。