「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論28 「ジャズの楽譜に書いてある音について考える」

 ★私が「練習記録・その他」で紹介したサイトにあるクリフォード・ブラウンのコピー譜を例に。

 「四月の思い出」アドリブ1コーラス目、29〜32小節目の例。

  ・下の楽譜1について
    私はこの楽譜を最初に見たとき、このコードでなぜ「ファナチュラル」の音(★印)を使っている
   のだろうかと不思議に思いました。

  ・下の楽譜2について
    この音はキーF♯メジャーのスケール上の音、「ミ♯」だと気がついたので変えてみました。

  ・下の楽譜3について
    調号もキーF♯メジャーに変えてみました。

  ・下の楽譜4について
    分かりやすくするために、私が書いた楽譜をキーCメジャーに移調してみました。
    ちなみに「ラ♭」「シ♭」は、Gオルタードスケール上の音です。

  ・下の楽譜5について
    比較するために、掲載されていた楽譜をそのままキーCメジャーに移調してみました。
    「ファナチュラル」は「ド♭」ということになってしまいます。
コードと音の関係が合っていない
   いうことがすぐ分かるかと思います。

  ★こうしてみると、このコードで「ファナチュラル」の音が出てくるのが分かりますね。私なら「ミ♯」
  で書きますが。ジャズの楽譜では、理論上の音の書き方ではなく、演奏しやすいと思われる音の
  書き方で書いてあることがよくあります。
   そういう時に、コードとアドリブの音使いの関係が分かっていると練習もしやすいと思います。こ
  のフレーズを別のコードで吹いてみようとする時にも移調しやすいと思います。