「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論29 「ドミナントではないセブンスコード」

 「It's You Or No One」 後半のコード進行の例
   ★コピーしたアドリブ楽譜と再生音はこちらにあります。


 ★下記の楽譜小節番号9〜12のコード進行。キーはDメジャーです。
    G   C7    F♯m7  B♭7
    W  ♭Z7   Vm7   ♭Y7
  楽譜によってはこの部分のコード進行が「G Gm D C7」になっているものもあると思います。
  この部分の場合、C7とGm、F♯m7とD、B♭7とC7は同じ機能を持っています。


 1、アのB7はEm7につなげるドミナント
    Bオルタードスケールのフレーズです。(ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケール
    を使うのもOKです)

 2、イのC7は♭Z7でサブドミナントマイナー
    Cリディアンセブンススケールをよく使います。
    下記のフレーズはこのスケールではなくて、F♯のオルタードスケールを使っています。

 3、ウのB♭7は♭Y7でサブドミナントマイナー
    B♭のリディアンセブンススケールをよく使います。
    下記のフレーズはこのスケールではなくて、Eのオルタードスケールを使っています。

 ★ポイント
  1、ドミナントではないセブンスコードはリディアンセブンススケールをよく使いますが、
ルートの増
   4度上(C7だったらF♯)のオルタードスケール
を使ったフレーズでアドリブすることもできます。
   こちらの楽譜の下の方にアドリブフレーズの例を書いています。

  2、この2つのスケールは並べ替えると同じ音になります。
   下の楽譜、下2段の左端と右端を比べてみてください。(異名同音ではありますが)