「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論30 「サブドミナントマイナー」

 W=サブドミナント    Wm7=サブドミナントマイナー


 例・・・キーCメジャーのFm7

 ★例えばキーCメジャーで、Fm7というコードが出てきたら下記のような音使いでアドリブをします。
  キーCマイナーのWm7からの借用和音で、
スケールはドリアンということになります。

  また、この
Fm7の代理コードはB♭7でリディアンセブンススケールがよく使われます。
  例・・・ジャスト・フレンズ
      キーCメジャーに移調して説明すると、「F・F・Fm7・B♭7・C」で始まります。


 注意・・・コードがFm7ではなくFmだったり、「ラ♭」以外の音には♭を付けないでアドリブをしてい
      る例もあります。
      曲によっては別のキーに転調してWm7ではなくなっている場合がありますので、その点
      は気を付けるといいですね。場合によっては転調しているかどうかの想定も演奏者によっ
      て異なっている(どちらで考えてもOK)ということもあります。


 ●よくあるコード進行の例