「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論31 「コピー譜を練習するときの注意点」  (ジャスト・フレンズを例に)

 ★お詫び
   下記の楽譜はチャーリー・パーカーが演奏しているキーとは違います。
     パーカーの演奏  ・・・・・・キーFメジャー(アルトサックスで)
     下記の楽譜     ・・・・・・キーDメジャー
     この曲はアルトサックスだと普通キーDメジャーで演奏されるので移調してあります。
     このことを書いておくのを忘れました。申し訳ありません。
     なお、この動画のチャーリー・パーカーの演奏はキーFメジャーで始めて、アドリブコー
     ラスはキーGメジャーに転調しています。


 ○下記の楽譜はチャーリー・パーカーのコピー譜です。(イントロの4小節)
  ★3つともプロの音楽家がコピーした楽譜です。(
私ではありません

 ○この演奏はYOUTUBEで聴くことができます。
  動画が削除されたので、別の動画にリンクさせました

 ★下記のコピー譜は3つともこの演奏のイントロの部分です。
  私は最近、この演奏をプロの音楽家がコピーした楽譜を3種類入手しました。しか
  し、どのコピー譜を見てもそれをそのまま練習する気にはなりませんでした。
  下記の楽譜は3種類の楽譜をそのまま「フィナーレ」で書き写したものです。


 ★下記のコピー譜を見て分かること。(それぞれ一部分だけ掲載しています)
  1、プロの音楽家がコピーした楽譜でも人によって
違いが沢山ある
  2、異名同音の違いならまだいいですが、
半音ずれているということがよくある。
  3、異名同音の違いの場合、
コードと音の関係を無視したコピーをしている部分が
    ある。(ジャズの楽譜は見やすさを基準に選択するというのも場合によってはあ
    りかとは思いますが・・・)
  4、3つの楽譜とも
リズムの書き方がよくない部分がある。
  5、3つの楽譜から良い部分を集めて一つの楽譜にするといいかもしれません。


 3つの楽譜は同じ部分の演奏のコピーです。違いを見比べてみてください。
 アルトサックス用の楽譜(in E♭)です。
 
コード進行 1小節目=E 、2小節目=Gm C7、3小節目=D、4小節目=D7

 プロの音楽家Aさんのコピー



 プロの音楽家Bさんのコピー



 プロの音楽家Cさんのコピー



 ○市販のコピー譜などを練習するときの注意点
  1、楽譜に間違っている音がないか、自分で聴いて確認をした方がいいですね。
  2、演奏と楽譜の音が違っていても、演奏者が音を外してしまったということもある
    ので、その場合は楽譜の音の方がいい場合がありますね。
  3、異名同音の違いは、どちらを採用するか考えた方がいいですね。
    演奏している部分のキーと使われているコードを考えると分かりやすいです。
  4、演奏者が意図的にテンポを揺らしている場合には、そのまま演奏どおりの楽譜
    ではなく分かりやすいリズムで書いた楽譜で練習した方がいい場合があります。
  5、コピー譜が正しい楽譜であっても、自分が理解できて練習しやすいと思う楽譜に
    
修正して練習した方がいい場合がけっこうあると思います。