「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論32 「コードの機能」  (Em7を例に)

 ★楽譜に記されているコードを見た時に、「このコードの機能は何で、アドリブをする時に何の音
  に♯や♭を付ければ良いの?」と迷うことがあります。
  調号のとおり(例えば調号が♯1つならファに♯を付ければ良い)だったら簡単なのですが、
  ジャズの楽譜では調号のとおりに考えられないことがよくあるので分かりにくいですね。
  (一時的な転調がよくあるので、いちいち調号を変えると楽譜が複雑になります。私のサイトでは
   勉強のためにあえていちいち調号を変えた楽譜を少しだけ掲載しています)

 ★例えば、「Em7」というコードがあったら、下の楽譜の中のどれなのかを考える必要があります。
  実際の曲では下の楽譜に書いてある調号と合っていない場合も多いですから、
「このEm7は何
  のキーの何度のEm7なのか」ということを判断すれば上記の疑問が解消される
かと思います。

  
それを判断するには、例えば・・・
   コード進行がC−Em7−Fだったら、Em7は下記の楽譜の1だと考える。
     TーVm7ーWというコード進行のVm7

   コード進行がGーEm7ーAm7だったら、Em7は下記の楽譜の2だと考える。
     TーYm7ーUm7というコード進行のYm7

   コード進行がEm7−A7−Dだったら、Em7は下記の楽譜の3だと考える。
     Um7ーX7ーTというコード進行のUm7

   コード進行がF♯m7(♭5)ーB7−Em7だったら、Em7は下記の楽譜4のだと考える。
     Um7(♭5)ーX7ーTm7というコード進行のTm7 (ナチュラルマイナースケールの場合)

   コード進行がEm7−F♯7−Bmだったら、Em7は下記の楽譜の5だと考える。
     Wm7ーX7ーTmというコード進行のWm7 (この場合Em7はC♯m7(♭5)の代理コード)

  ◎Tm7となったEm7が次のコード進行におけるUm7になるといったようなこともよくあります。


■コードについて基本的なことから
 勉強したい時は、例えば左のよう
 な本がありますね。
 アマゾンのサイトで中身を見ること
 ができますから、自分に合ってい
 るというのを探してみると良いかも
 しれません。



 ★下記の楽譜はEm7というコードが主にどんなキーでどのように使われるかを簡単に書いたものです。
  
実際の曲の中で使われる場合は、下記の調号になっていない場合も多いですから、この調号を頭の
  中で想定するとアドリブがしやすくなります。
 ★
「ミ・ソ・シ・レ」という音(コードトーン)はどれも同じです。それ以外の音に♯が付くかどうかが違って
  きます。



  ◎1・2・4はトニック、3・5はサブドミナントです。