「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34 理論35


■理論33 「素顔のままで」 ビリー・ジョエル (YOUTUBE)
        この曲の中で演奏されているフィル・ウッズのアドリブについて考えてみます

    ★キーCメジャーに移調した楽譜を下の方に掲載しました。


 ■曲のキーとコード進行(アルトサックス用の楽譜で)
   キーはBメジャー
   コード進行は下記のようになっています。複雑ではないですね。
    ★小節番号10・14のEm7はキーBマイナーからの借用和音です。(理論30参照)
 ■アドリブフレーズの音使いについて(ネットに掲載されているコピー譜を利用しています)
   小節番号17のファ ダブル♯、小節番号19のシ♯は♯11thのテンション・ノート。
    ★♯11thはナチュラル・テンション・ノートなのか、又はオルタード・テンション・ノート
     なのか、専門家でも人によって言うことが違うので上の文を少し訂正しました。




 ○コードトーン+9thとそれに対応するスケールを掲載しました。


 ○上記のアドリブをキーCメジャーに移調してみました。
  コードとアドリブの音使いの関係が分かりやすいかと思います。