「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34理論35


■理論34 ブルース・スケール その他

    ★同じスケールなのに人によって違う名前で言っているなんてことがあります。


  ■下記の4、  マイナー・ペンタトニック・スケール
      下記の場合はブルー・ノート・ペンタトニックスケール と言う人もいます。
      下記の場合はブルース・ペンタトニックスケール と言う人もいます。

    ★名前が異なる理由
      4番は、下記6番のCブルー・ノート・スケールが元になって出来たスケールです。
      構成音はCマイナー・ペンタトニックと同じなのですが、キーCマイナーを元にしたものでは
     ないので異なる名前で呼んでいる。

      この考え方では「メジャーキーでマイナーペンタが使える」というのは、「ブルー・ノートを入
     れて出来たペンタ(構成音はマイナーペンタと同じ)が使える」という言い方になります。

    ★ただし、「マイナーキーのスケールを元にしている」と説明している専門家もいます。

    ★マイナーキーで使う場合は、そのままマイナー・ペンタトニック・スケールという名前です。




  ■下記の5   
ブルース・スケール
      ブルー・ノート・スケールとも言います。
      「クール・ストラッティン」のテーマメロディはブルース・スケールで出来ています。
      ブルース・ペンタトニック・スケール と説明している人もいます。
      ブルー・ノート・ペンタトニック・スケール と説明している人もいます。

   ★6つの音から出来ているスケールをペンタトニックと言っている理由が私には分かりません。
    ペンタトニック・スケールは5音音階という意味ですから。




  ■下記の6  
ブルー・ノート・スケール
      ブルース・スケールとも言います。アメリカではブルース・スケール?
    「ソ♭」もブルー・ノートで、これを入れて「ド・レ・ミ♭・ファ・ソ♭・ラ・シ♭・ド」と説明されること
   もよくあります。、
   しかし、「ソ♭」〜「ラ」の間が開きすぎて(増2度)使いにくいので、外してあります。

    ちなみに、この6番のスケールはCドリアン・スケール(キーB♭メジャーに出てくる)と構成
   音が同じです。