「アドリブ練習メニュー」に戻る

 理論1 理論2 理論3 理論4 理論5 理論6 理論7 理論8 理論9 理論10 理論11 理論12 理論13 
 理論14 理論15 理論16 理論17 理論18 理論19 理論20 理論21 理論22 理論23 理論24 理論25 理論26 理論27
 理論28 理論29 理論30 理論31 理論32 理論33 理論34理論35


■理論35 半音階における♯・♭の付け方

    ★楽典に書いてないのに、慣例として行われていること

  ■用語について
   ●変化記号 シャープ、ダブルシャープ、フラット、ダブルフラット、ナチュラル
      調   号・・・・シャープ又はフラットを使って調を示した記号。
      臨時記号・・・・音を上げ下げするために音符の左側に付けた変化記号。

   ★ナチュラルは厳密に考えると変化記号に含まれないです。
   ★変化記号の中に調号と臨時記号が含まれているのですが、プロの人の中にもそれが分かっ
    ていない人がいるようです。(間違った説明が書いてあるサイトもあります)


  
■半音階における♯・♭の付け方
   1、次の音が上がる時はシャープ、下がる時はフラットを付けるのが
基本

   2、下記の★印の臨時記号の付け方は普通楽典には書いてないですが、
慣例として行われて
    います。
ハ長調とイ短調の例を書きました。



   
★教則本との違いについて考えてみたので、前に書いた文を下記のように訂正しました。
    市販の教則本に書いてある半音階は普通下記のようになってはいません。その理由は練習用とし
   て
調を限定しないで半音階が書かれているからだと思われます。あるいは、慣例ではなく書き方の
   
基本に忠実に書かれているということだと思われます。
   (市販の本の中にも臨時記号の付け方がいい加減で練習しにくい楽譜もあります)




   ★上記楽譜の★印、シャープ、フラットの付け方が基本と違う理由
      楽譜1・   シ♭はヘ長調(下属調)の音
      楽譜2・   ファ♯はト長調(属調)の音
      楽譜3・4・ シ♭はニ短調(下属調)の音
              ファ♯、ソ♯は旋律的・和声的短音階の音
              レ♯はホ短調(属調)の音

   ★実際の楽譜では
上記の他にコードネームとの関係や楽譜の見やすさなどを考慮して臨時記号
    が付けられています。従って例えば、上記5の場合自分は「書き方B」の方が覚えやすいと言う
    人はBで覚えればよいと思います。


   
★フレーズを練習する時のポイント
    ・例えば上記楽譜5のフレーズを練習する時、ある時は「書き方A」ある時は「書き方B」というよ
     うな練習をすると覚えるのに時間がかかり実際のアドリブでも混乱しやすいように思います。

    ・
市販の教則本でもあるページでは「書き方A」で書いてあり、別のページでは「書き方B」で書
     いてあるということがあるので、練習する時はどちらかに統一した方が良いですね。

    ・
コピー譜などで例えば、E7のコードで「ミ・ラ♭・シ・レ」などと書いてあることがよくあるので、
     そういう時は自分で「ミ・ソ♯・シ・レ」と書き換えて練習した方が良いですね。
     臨時記号の付け方を修正した方が良いと思われる楽譜は市販の本の中にもたくさんあります。