「アドリブ練習メニュー」に戻る

 (テーマメロディは掲載していません) 

 ★その5にマイルス・デイビスのアドリブコピー譜を掲載しました。 
 ★その4にテナーサックス(in B♭)のアドリブコピー譜を掲載しました。
 ★その10にギター用(in C)の楽譜を掲載しました。
 ★その15にチェット・ベイカー(in B♭)のアドリブコピー譜を掲載しました。

■ 「Bye Bye Blackbird」(バイバイ・ブラックバード)  アドリブ練習
   ★ in E♭(アルトサックス)用の楽譜で説明しています。

  明るい感じのメロディでとても好きな曲です。後半に少し雰囲気が変わる部分がありますが、この部分が特に気に入
 っています。アマチュアのジャムセッションでもよく演奏されます。
  キーDメジャーの2−5−1、キーEマイナーの2−5−1、キーDマイナーの2−5−1のフレーズと他の2つのスケー
 ルによるフレーズを練習すればアドリブができます。そのため難易度は高くないです。

  この曲はYouTube(無料動画配信サイト)でサックス、ボーカル、キーボード、ギターなどの演奏を聴くことが出来ま
 す。私が気に入った演奏は次の演奏です。

  1、ギター(ジャムセッション)
  2、テナーサックスソロ(リズムセクションなし)
  3、テナーサックス(ジャムセッション)
  4、フリューゲルホーン(チェット・ベイカー) 
これコピーしたので「その15」に掲載しました



 
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13

 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20



その1 「コード進行」とカラオケ

 ○下の楽譜と音源はこの曲のコード進行です。


 
○ポイント
  1、キーはDメジャーで、調号は♯2つです。下の楽譜で色を付けていない部分。

  2、「Em7  A7  D」
    キーDメジャーの2−5−1で、このコード進行がたくさんでてきます。

  3、「F#m7(♭5)  B7」
    キーEマイナーに部分的に転調しています。キーEマイナーの2−5を想定してアドリブをします。
    小節番号19・20、27・28です。

  4、「Em7(♭5)  A7」
    キーDマイナーに部分的に転調したと想定してDマイナーの2−5にしたり、あるいはEm7(♭5)を♯2のスケー
   ルにしてA7はキーDメジャーと考えてアドリブするといった方法があります。  
    小節番号23・24です。

  5、「D7」
    キーGメジャーのドミナントセブンスと考えてアドリブをします。

  6、「Fdim」
    小節番号6にありますが、ディミニッシュコードの音使いは別のページで説明します。

  7、本によっては下記の楽譜と少し異なるコードを使っている部分もあります。これは、どれが合っているとか間違っ
   ているということではなくて、好みで選択してOKです。ただ、アドリブをするときはどのコードでやっているのかを意
   識したほうがいいです。
   
下記の楽譜と異なるコードには次のようなものがあります。
     小節番号 3・・・・・「D」のまま、あるいは「A7」
     小節番号 6・・・・・「Ddim」(音はFdimと同じです)
     小節番号10・・・・・「Em7」のまま、あるいは「A7」
     小節番号16・・・・・「A7」次のD7へのドミナント7になります。
     小節番号17・・・・・「Am7」D7を2−5に分割
     小節番号17・・・・・この小節から「D7・D♭7・C7・B7」と1小節ごとに半音ずつ下がっていく演奏もあります。


  注 上記の説明と違う解釈でアドリブする方法もあります。




 ここをクリックすると、下記のコード進行によるカラオケを聴くことが出来ます。楽譜の4小節前からです。