「アドリブ練習メニュー」に戻る

 (テーマメロディは掲載していません) 

■ 「Gのブルース」 アドリブ練習 ★アルトサックス用の楽譜を掲載しています。
    「Gのブルース」というのは曲名ではなくて、キーがGメジャーという意味です。

 ●Youtubeに「藤陵雅裕 ジャズサックス・レッスン」というのが掲載されています。アドリブ超初心者にアドリブのレッ
 スンをしている動画です。
  藤陵さんがGのメジャーペンタトニックスケールを使ったアドリブのお手本を吹いていたので、その一部分を使った練
 習を考えてみました。



その1 「G ペンタトニックスケールを覚える」

 1、メジャーペンタトニックスケールを使ったアドリブ練習
  このスケール以外のスケールも使えますが、これを練習します。

   「ソラシレミ」の音を使ったアドリブ。これを頭で覚えただけでやってみてもなかなかいい感じになりませんね。
  「ソラシレミ」で適当にやって楽しければいいのですが、私なんかはペンタトニックスケールを使ったアドリブが
  苦手なので、「う〜ん、思うようにできん・・」という感じになります。それで、初心に帰って練習方法を考えてみ
  ました。


  
 2、練習方法
   ・下の楽譜1
    まずは、藤陵さんのアドリブを4小節コピーして、それを覚えて「楽譜を見ないでもできる」「いつでもこの音
   使いができる」ようになるということから始めます。

   ・下の楽譜2
    楽譜1と並行して「ソラシレミ」に慣れる練習を行います。


 ★プロの人のレッスンは次のような感じが多いような気がします。
  1、理論面では、キーがGメジャーなので「ソラシレミ」を使ってアドリブする、コードは気にしなくていい、ということ
   を教えてもらえる。
  2、お手本を聴かせてもらえる。
  3、講師の人と交互にアドリブをさせてもらって練習することができる。
  4、「このCDを何度も聴くといいよ」とか「この人のコピーをするといいよ」というアドバイスをしてもらえる。


  こんな感じなので、自分で工夫して練習しなければいつまでたっても上達しませんね。お手本を聴かせてもらって
 雰囲気をつかむだけではうまくいきません。何の音をどんなリズムでということを自分で見つけて同じようにやってみ
 るというのが重要かと思います。



 ★参考楽譜
  「Fのブルース」のページいろいろなスケールを使ったアドリブの例(楽譜と音源)を掲載しています。



 楽譜1
 この楽譜の上は藤陵さんのお手本最初2小節、下は次の2小節です。
 ★この楽譜のコード進行(ブルース)はYoutubeの動画のコード進行とは違います。
 ★微妙な音のニュアンスも真似てやってみることがポイントです。
 


 楽譜2