「アドリブ練習メニュー」に戻る

 (テーマメロディは掲載していません) 


 
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13


■ 「It Could Happen To You」(イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー)  アドリブ練習
   ★ in E♭(アルトサックス)用の楽譜で説明しています。

  ●この曲のアドリブの仕方と練習方法について他の曲より具体的に書いていきたいと思います。
  ●この曲はアルトサックスだとキーはCメジャーで、結構アドリブがしやすいと思います。
  ●私がコピーしたアルトサックスのアドリブ楽譜はこちらに掲載しています。

   この曲はYouTube(無料動画配信サイト)でサックス、トランペット、キーボード、ギターなどの演奏を聴
  くことが出来ます。私が気に入った演奏は次の演奏です。

   1、トランペットとテナーサックス前半
       トランペットによるテーマメロディ
       トランペットとテナーサックスのアドリブ

     トランペットとテナーサックス後半
       
4バース・チェンジ
       トランペットとテナーサックスによるテーマメロディとオブリガート
       エンディング

  
★4バース・チェンジ(フォーバース)
   4小節ずつ交代という意味で、例えばアドリブが一通り終わった後ソロ楽器とドラムスが4小節交替でア
   ドリブをしながら曲の演奏を進めていくことです。
   上の動画ではトランペット4小節・ドラムス4小節・テナーサックス4小節・ドラムス4小節・・・・・というよう
   に短いアドリブを繰り返しています。
   ジャムセッションなどでは「フォーバースをやるよ」と演奏中に目や指で合図することもあります。
   
ドラムスのソロも含めて全体で32小節(32小節の曲の場合)が1コーラスですから、今曲のどの部分
   をやっているのか気をつけて聴いていることがポイントです。





その1 「コード進行」

 ○下の楽譜はこの曲のコード進行です。

 
○ポイント
  1、32小節でできています。(ジャズの曲は32小節でできている曲が多い)
    前半16小節+後半16小節

  2、キーはCメジャーです。
    実音のキーはE♭メジャーですから、トランペットやテナーサックスで演奏する場合は♭1つのキーF
    メジャーの楽譜を使うことになります。

  3、以下のコードは別のキーを想定してアドリブをします。
    A7(♭9)・・・・キーDマイナーの5度セブンス
    B7(♭9)・・・・キーEマイナーの5度セブンス
    B♭7(♯11)・・リディアンセブンススケール(理論3に掲載)
    Bm7(♭5)・・・キーAマイナーの2度マイナーセブンスフラットファイブ
    E7・・・・・・・・キーAマイナーの5度セブンス
    Am7・・・・・・・キーGメジャーの2度マイナーセブンス
    D7・・・・・・・・キーGメジャーの5度セブンス


  注 上記の説明と違う解釈でアドリブする方法もあります。