「アドリブ練習メニュー」に戻る


 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8


■ 「Just Friends」  (ジャスト・フレンズ)  アドリブ練習 その1

 ★テナーサックス松元啓祐さんの演奏(YOUTUBE)がとても素敵ですね。


 ★アルトサックス用の楽譜で説明します。下の方にテナーサックス・トランペット用の楽譜があります。
 1、曲について
   ・キーはDメジャーで、32小節でできている曲です。テーマメロディはアウフタクト(弱起)で始まります
   小節番号3のコードGm7はキーDマイナー(同主短調)のWm7からの借用和音です。機能はサブドミ
   ナントマイナーです。
   ・小節番号4のC7は♭Z7でGm7の代理コードです。
   ・小節番号7,8は小節番号10のA7に対する2−5です。つまり、E7−A7というドミナントモーション
   のE7を代理コードのB♭7に変え、それぞれ2−5に分割しているという解釈です。
   これで、B♭7の後にEm7が続くというコード進行が理解できます。
    (下の楽譜に書いた説明が分かりにくかったので、この説明を付け加えました)

   ・小節番号7,8と23・24のコードはFディミニッシュになっている楽譜もあるようです。
   ・小節番号13〜16のコード進行はE7ーA7ーD7というドミナントモーションの連続になっていて、そ
   の中でA7とD7が2−5に分割されているということになります。

 2、
コードトーン+9thの練習
   小節番号11・27のC♯m7(♭5)は9thがアボイドノートなので11thにしてあります。
   練習パターンをいろいろ変えて練習するといいです。


 ★アルトサックス用




 ★テナーサックス、トランペット用